坂本善三美術館-小国び塾

秋といえば……芸術の秋でしょ!

読書、スポーツ、食欲……色々ありますが、芸術の秋ってのもありますよね!

そんなわけで……小国町にある、全館畳敷きの美術館

『坂本善三美術館』で開催中の

「こんな解釈、ありなんだ!」展に行ってきました。



SPONSORED LINK


「こんな解釈、ありなんだ!」展

「こんな解釈、ありなんだ!」展とは……

ジャンルを超えた様々なゲストを招き、収蔵品を再解釈する展覧会のシリーズ。

収蔵品が次世代までいきいきと受け継がれていくよう、従来の概念にとらわれない自由な発送で作品や美術館を活用を目指し、2016年にスタート。

出典:館内資料より


ゲストプロデューサーに美術家・藤浩志を迎えた今回の展覧会は、プロジェクトメンバーを募集することから始まりました。集まったのが「小国び塾」メンバー9組12人。それぞれに約3か月、日々の暮らしの中でアートプロジェクトに取り組み、その成果を善三作品と一緒に展示しています。

出典:「こんな解釈、ありなんだ!」 | 坂本善三美術館


小国町出身の抽象画家、坂本善三 氏の作品を、応募で集まった小国び塾メンバー、それぞれの解釈で表現するプロジェクト。

参加メンバーは、中学生や、建築家、お弁当屋さんなどなど、本業がアーティストではない参加者の独自の視点が面白いです。

小国び塾メンバー


「こんな解釈、ありなんだ!」展に行ってみた。

坂本善三美術館-外観

そんなわけで……坂本善三美術館に行ってきましたよ♪


坂本善三美術館-全体

看板が無かったら、美術館とはわからない……かも


坂本善三美術館-玄関

こちらは玄関。奥に畳が見えてますよね。


ちなみに……館内撮影禁止ですので、ここまでしか撮影できていません(笑)


「こんな解釈、ありなんだ!」展は

坂本善三氏の作品と、その作品を小国び塾メンバーが解釈した作品が並べて配置してあり、それぞれの作品に対する解釈がつけられているので、わかりやすく、とても楽しめました。


展示物のイメージは、小国び塾メンバーのブログで解説されていますのでごらんください。


 参考リンク

小国び塾活動日誌


とりあえず、おみやげにポストカードを買ってみました。

image

作品のポストカードって、家に帰ってからも楽しめるのでいいですね。


開催期間

2017年9月16日(土)〜11月26日(日)まで


入館料

  • 一般:500円
  • 高校・大学生:400円
  • 小・中学生:200円

小国町在住の方は10月の入館料無料ですよ♪


開館時間・休館日

【開館時間】9:00〜17:00

【休館日】毎週月曜日


駐車場・アクセス

熊本県阿蘇郡小国町黒渕2877

↑グーグルマップが開きます。
ナビにご活用ください。

駐車場は、道を挟んで向かいにあります(石田酒店裏)


お問い合わせ先

坂本善三美術館

0967-46-5732


まとめ

小国町に在住なら、10月の入館料は無料だよ♪

10月最後の日曜・29日には、小国び塾メンバー・学芸員によるギャラリートークや、ZENZOアートフリマというフリーマーケットも開催されます。

芸術の秋……坂本善三美術館に足を運んでみてください♪♪


詳しい最新情報は、坂本善三美術館のブログ、または小国び塾のブログをご確認ください。