FabLabOguniβ-玄関3

『自分だけの小物や雑貨がほしい』って思ったことありませんか?


そんなあなたの夢が叶う……かもしれない FabLabファブラボってご存知ですか?


SPONSORED LINK


ファブラボとは

ファブラボは、デジタルからアナログまでの多様な工作機械を備えた、実験的な市民工房のネットワークです。個人による自由なものづくりの可能性を拡げ、「自分たちの使うものを、使う人自身がつくる文化」を醸成することを目指しています。

出典:http://fablabjapan.org

すごーくザックリ説明すると、誰もが利用できる工房・研究所ってとこ。


自分だけの小物を作りたい

作りたいモノのアイデアはあるけど、どこに頼めばいいのかわからない……

自分が持ってる物にオリジナルのロゴを入れたい

それ……ファブラボで、できるかも♪

そんな一般市民が自由に使える工房、ファブラボが……なんと、熊本県阿蘇郡 小国町にあるんです!


ファブラボ小国βに行ってきた

FabLabOguniβ-玄関

ファブラボ小国βは、平成28年6月19日より、有限会社田代石材工業が母体となり開設しました。機材設備はレーザー彫刻機・CNCフライス・カッティングプロッター・各種ハンドツールなどを設置しています。

他のファブラボ組織との違いとして、地産の木材を活用したものづくりに特化しているところがポイントです。

当面は特に木工に力を入れ、若者の技術けんさんのためのひとつの手段として位置づけています。

地元高校とも協力して、学校に通いながら外部施設であるファブラボ小国βでものづくりを学び、工業高校のような専門技術取得が可能となる場づくりを目標としています。

玄関を入ると足元に、くまモンと小国町のゆるキャラおぐたんがお出迎え。

FabLabOguniβ-玄関2


現在のところ、毎週土曜日の8時~17時にオープンしているそうです♪

FabLabOguniβ-玄関3


オーナーにお話を伺ったところ、小国町の人だけでなく熊本市内の大学生もよく利用されているそうです。

小国町に観光に来て、朝3Dプリンターをセットして帰る頃に作品ができているという!

たしかに3Dプリンターは出力するのに時間がかかりますから、賢い使い方ですね♪


ファブラボ小国βの機械達

全国どこのファブラボでも同じように創作ができるよう、機械は同じように揃えられているそうです。

そんなわけで……ファブラボ小国βにある工作機械たちの紹介!


レーザーカッター

レーザーカッターでは材料の表面を焼いて模様をつけたり、切ることが可能です。

スマホケースや、革製品にロゴを入れることもできるそうですよ。


ファブラボ小国βには大型の物と小型の2台あります。

大型のものはラボの中央に鎮座していました。

FabLabOguniβ-レーザーカッター

高級車が買える値段と聞いてビックリ(;´Д`)


こちらは少し小さめのタイプ。

FabLabOguniβ-レーザーカッター小1

小さいので持ち運んで使えるそうですが、それでも上下合わせて50Kg近くあるそうですって!


カバーを開けると、こんな感じ。

FabLabOguniβ-レーザーカッター小2

ネット状の部分は上下するそうで20cmくらいのものを入れられます。


大型のレーザーカッターで実際に作業していたので撮影しています。

FabLabOguniβ-レーザーカッター製作中

このように木の表面を焼くことで、くまモンが出現しています。


拡大しても画像がギザギザにならないベクター形式(Adobe Illustratorの.ai形式や、.svg形式等、)であればすぐに使えるそうですが、写真データ(.jpg)でも、少し加工することで使うことができるそうです。


CNCフライス

CNCフライスは、木材や金属、アクリル板などを削って形を出すことができる機械です。(ステンレスは硬いので難しいとのことです)

ファブラボ小国にはCNCフライスも2台ありました。

こちらは広範囲動かせるタイプ

FabLabOguniβ-CNCフライス2


CNCフライスを使って作成しているものがありましたので御覧ください。

FabLabOguniβ-札1

こんな感じで型抜きができるんですね!

中学校の頃に技術の授業で習った糸のこぎりじゃ出来ないレベルだな……


先ほど切り取った木に、レーザーカッターでくまモンが刻印されています。

FabLabOguniβ-札2

これ……なんだかわかります?


小国町といえば、わいた温泉郷や杖立などの温泉が有名ですが、貸し切り家族風呂の部屋鍵をつけるキーホルダーですって。

昔ながらのホテルだと、アクリルの棒みたいなのに鍵がついていますよね

FabLabOguniβ-札3

すごく良い感じ!

あまりの人気に、こっそり持って帰る人がいるそうです……^^;

ファブラボで作ってますよ!


3Dプリンター

FabLabOguniβ-3Dプリンター

3Dプリンターは1台。

『3Dプリンターでなんか作ってみたいけど、難しそう……』と思うかもしれませんが、世界中のラボが公開しているサンプルデータがあるそうなので、それを原型にして少しずつ変えながら作成することもできるそうです。


こちらの犬も3Dプリンターで出力したものだそうです。

FabLabOguniβ-3Dプリンター作品


今回撮影していませんが、この他に カッティングプロッターと呼ばれる、カッティングシート(大判のシールみたいなもの)を作る機械や、各種電動工具も多数揃っています。

木を使った加工品だけでなく、アイデア次第でいろんなものが作れそうです。


そうそう、プロジェクターもありますので講習会などにも利用できそうです。


ファブラボ小国βの利用料金

利用料金は8時~17時まで1日使って一律2,000円ポッキリ。

他のファブラボは使う機材によって大体1時間あたりいくら……という計算です。

集中して何かを作ろうとしたら、8時間なんてあっという間ですので1日利用して2,000円って相当お得ですよ!


ちなみに、この料金には3Dプリンターの材料費もコミだそうです。

木材を使った制作の場合は別途材料費がかかるので、自分が使いたい木材を持って行った方が良いようです。


はじめて使う機器に関しては、操作講習が必要となりますので別途料金がかかります。

詳しくはお問い合わせ下さい。


ちなみにフリーWi-Fiですので、自分のパソコンを持ち込んで作業することも可能です。

FabLabOguniβ-Wi-Fi


ファブラボ小国βへのアクセス・駐車場

FabLabOguniβ外観

熊本県阿蘇郡小国町下城73 ※GoogleMapが開きます。ナビにご活用ください。

(運営母体が田代石材工業のため、表示が田代石材工業になっていますが間違いではありません)


建物前は共用の道路になります。敷地奥に駐車できるスペースがありますのでそちらをご利用ください。

青い倉庫の前を右に曲がります。

FabLabOguniβ-駐車場入口


そのまま前に進むと……

FabLabOguniβ-駐車場入り口2


奥に広いスペースがありますので、こちらに駐車してください。

FabLabOguniβ-駐車場


お問い合わせ先

FabLabOguniβファブラボオグニベータ


まとめ

オーナーの田代篤雄たしろあつおさんはあんぱんが好きだということで、ファブラボ小国βでは時々『あんぱんの日』という企画をされています。

沢山の人に気軽に立ち寄ってもらえるように、あんぱんの日に限っては、料金の代わりにあんぱんを持ってくる事で施設が利用可能ですって!

すごく面白い企画ですよね。


自分だけのオリジナルグッズを作ってみたい人はファブラボ小国βに足を運んでみてはいかがですか?


ファブラボ小国βの最新情報はFACEBOOKページで発信されていますので、あんぱんの日も含めて要チェックですよ!