小国・南小国では 高校生まで医療費助成(実質無償化)されるようになったけど知ってる?【平成30年4月~】

Ogunigo.infoのアイコン画像

小国町・南小国町で子育てされている方には朗報ですよ!

平成30年4月から高校生(18歳)までの医療費助成が始まりましたね! もしかして、ご存じないですか?

 

小国町・南小国町では、中学生まで医療費無償なんですが、とうとう平成30年4月から高校生も医療費の助成が始まりました。

病気にかかって病院を受診した際、一旦お金を払う必要はあるんですが、後日役場に申請すると医療費が戻ってきます。

つまり……高校生までは、医療費が『実質無償化』です。
これ、ホントにありがたいですね!

それぞれの町の広報誌で告知されているんですが、もしかしたら小国町・南小国町に住んでいても、ご存じない方がいるかも知れないので、まとめておきますね。

小国町の『小国町高校生等医療費助成』について

役場ホームページの広報誌から引用しますね。

医療費助成の対象となる方
(①、②いずれにも該当する方)
①高校等在学中またはその年齢に相当する方

②小国町の住民基本台帳に記載されている方

 

※ひとり親家庭等医療費助成の対象となっている高校生等の方は、ひとり親家庭等医療費助成申請をしていただければ、医療費等の2/3が ひとり親家庭等医療費から、1/3が新たに高校生等医療費から助成されます。

助成対象医療費 平成30年4月1日以降の医療費等(※保険適用分のみ)
申請の方法 申請書を役場福祉課に備え付けていますので、以下のものをご持参の上申請してください。

  • 受信医療機関等の領収書
  • 高校生等対象者本人の被保険者証の写し
  • 預金通帳等振込口座がわかるもの
  • 他の制度で給付を受けた場合はその証明書
  • 印鑑
助成の方法 申請に基づく償還払い(受給資格者証は発行いたしません。)

申請後、審査の上助成対象の決定五、助成金を支給します。

問い合わせ先

小国町役場 福祉課

電話番号:0967-46-2116

南小国町の『高校生等の医療費助成』について

こちらも 広報誌から引用します。

 

申請者 高校生等の保護者助成対象者
南小国町に住所がある高校生等で、健康保険の保養者。学校教育法の規定による学校に進学したことにより高校生等の住民票が南小国町以外にある場合については、保護者の住民票が南小国町にあれば対象となる。※生活保護を受けている人、施設に入所している人、里親に委託されている人、婚姻している人、その他公的補助を受ける人は除く。
助成額 医療費(保険適用分)における自己負担額。ただし、高額療養費等がある場合には、その額を控除した額。

※食事療養費、第三者からの賠償は除く。

申請方法 申請書①~③の書類を添えて役場福祉課に申請。

①領収書

②保険証の写し

③学生証等の写し

助成方法 償還払い(口座への振り込み)
対象期間 平成30年4月1日診療分から申請期間診療の翌月から6ヶ月

問い合わせ先

南小国町 福祉課 保育児童係
電話番号:0967-42-1113

まとめ

小国町の窓口で申請してみたのですが、月ごとにまとめて申請ということなので、一か月分をまとめて、月末から月初めに申請すると良いですよ。

医療費の助成があると子育て世代には嬉しいですよね。